FC2ブログ
     

不動産鑑定士 受験blog

あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める


半年ほど前から不定期に読んでいる速読本。
一向に速読すること…フォトリーディングすることはできませんが、多少”今までよりも速く読めている”と思い込み、前向きに続けてます。私がこの本から学んだことは、結果としての”速読法(フォトリーディング)”ではなく、その過程である本の読み方(本書では見るという感覚ですが)でした。これは勉強にも使えるのではないかと思い、本書を一読した後、私の勉強法が変わりました。

まず本書構成からご紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------
二十五分でこの本を読んでみよう
日本の読者のみなさまへ
謝辞

第一部 選択肢を広げる 第一章 フォトリーディングはこうして生まれた
 第二章 古い読書法に固執するか?それとも…
第二部 フォトリーディング・ホール・マインドシステムを学ぶ
 第三章 ステップ1 準備
 第四章 ステップ2 プレビュー
 第五章 ステップ3 フォトリーディング
 第六章 ステップ4 アクティベーション
 第七章 ステップ5 高速リーディング
第三部 スキルをマスターし、活用しよう
--------------------------------------------------------------------------------
大体こんな感じです。この中で特に参考になったのが、第二部 第三章のステップ1 準備と第四章のステップ2 プレビュー でした。これらをさらに詳しく見ると…
--------------------------------------------------------------------------------
第三章 準備
 1 目的を明確にする
 2 文書を読む理想的な状態に入る

第四章 プレビュー
 1 文書を調査する
 2 キーワードを見つける
 3 読書方針を再検討 
 など
--------------------------------------------------------------------------------
第三章 準備の1と2は、「集中力」に関する内容です。読書は集中して読め(見る)という前提の下に本書は書かれてます。
目的を設定することにより、人は真剣になります。ビジネスにおいてもあるプロジェクトや商談など成功させたいと真剣に思うことにより、仕事に対しても真面目に取り組むのではないでしょうか。読書も、真剣に・集中せよということです。ここでの”集中力”を養うためにヨガや呼吸法などの本もいくつか読みました。成果は直ぐにはでてきませんが、諦めず継続していくことが大切だと思います。

第四章 プレビューの1 ”文書を調査する”とは”本全体に目をザッと通すこと”を指します。
本書においては…
・本のタイトルとサブタイトル
・表紙および裏表紙に書かれた文章
・目次
・著作の日時
・索引
・最初と最後のページ
・見出し、小見出し、および太字部分や傍点がつけられた箇所
・囲み、表、図、およびその説明
・概要、要約、章末の設問

とかなりの調査を要求していましたが、私はこの中からいくつかをピックアップし勉強に当てはめてみました。
・タイトル
・目次
・見出し、小見出しなど

主に、この3つのみに着眼し、会計学を勉強してます。体系化・シンプル化できる点が頭の中を整理しやすくするのです。
本書 「あなたもいままでの10倍速く本が読める」で例を挙げると、

まず
”あなたもいままでの10倍速く本が読める”
だけ見ます。

次に
「あなたもいままでの10倍速く本が読める」
|
|-”第一部 選択肢を広げる 第一章 フォトリーディングはこうして生まれた”
|-”第二部 フォトリーディング・ホール・マインドシステムを学ぶ”
|-”第三部 スキルをマスターし、活用しよう”

と大見出しのみ、記憶していきます。そして次は小見出しを記憶していく。

「あなたもいままでの10倍速く本が読める」
|
|-”第一部 選択肢を広げる 第一章 フォトリーディングはこうして生まれた”
|-第二章 古い読書法に固執するか?それとも…
|-”第二部 フォトリーディング・ホール・マインドシステムを学ぶ”
|-第三章 ステップ1 準備
|-第四章 ステップ2 プレビュー
|-第五章 ステップ3 フォトリーディング
|-第六章 ステップ4 アクティベーション
|-第七章 ステップ5 高速リーディング
|-”第三部 スキルをマスターし、活用しよう”


これの繰り返しをしていくことで、頭の中が整理され体系を把握することができるようになりました。まずは大枠・概要を掴む。それから個別具体的な一段下の階層を学ぶというスタイルです。
抽象化←→具体化をはっきりと整理・往来できるようになります。横断的な関連項目についても2次元的整理に加え、3次元的な整理法(奥行き・Z軸に原理などを思い浮かべる)で簡単に情報を引き出すことができます。実践的論述をまだ行っていないのでなんとも言えませんが、理解・記憶・整理が出来ていれば、論述時においても時間短縮になります。論述もトレーニング次第で上達させることができると思いますし。

目次を見ながら整理しているのと同じことです。階層構造やらツリー構造と呼ばれる類のものと同一です。
スポンサーサイト



  1. 2005/06/07(火) |
  2. 集中力・記憶術・速読|
<<REIT | ホーム | マーケティング>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://realestateappraiser.blog4.fc2.com/tb.php/33-380b47cd