FC2ブログ
     

不動産鑑定士 受験blog

解説 条文にない民法―概念・制度がもっとよくわかる (椿 寿夫・中舎寛樹)
解説 条文にない民法―概念・制度がもっとよくわかる
解説 条文にない民法―概念・制度がもっとよくわかる








本書構成
<総則編>
1 意思無能力 前田泰
2 権利能力なき社団・財団 織田博子
3 形成権 椿寿夫
4 単独行為 中舎寛樹
5 合同行為 椿寿夫
6 準法律行為 三林宏
7 強行規定違反 後藤巻則
8 法定代理 前田泰
9 共同代理 滝沢昌彦・・・平成17年度 不動産鑑定士試験委員(民法 一橋大学)
10 使者 長坂純
11 代表 中舎寛樹
12 授権 伊藤進
13 一部無効 椿久美子
14 撤回 亀田浩一郎
15 追完 武川幸嗣
16 除斥期間 新井敦志
17 権利失効 林幸司
18 自力救済(の禁止) 神田英明

<物権編>
19 物権的請求権 後藤巻則
20 合有・総有 前田泰
21 集合物 亀田浩一郎
22 (権利の客体としての)権利 中舎寛樹
23 物権の追及効 椿久美子
24 担保物権の附従性・随伴性・不可分性 織田博子
25 抵当権に基づく妨害排除請求権 神田英明
26 譲渡担保 三林宏
27 所有権留保 滝沢昌彦

<債権総論編>
28 絶対権・相対権 武川幸嗣
29 債権者の平等 三林宏
30 履行請求権 椿寿夫
31 自然債務 林幸司
32 賃借権・債権に基づく妨害排除請求権 武川幸嗣
33 履行補助者の過失 神田英明
34 付随義務 後藤巻則
35 原始的不能 滝沢昌彦
36 不完全履行 織田博子
37 相当因果関係 長坂純
38 連帯債務 新井敦志
39 不真正連帯債務 椿寿夫
40 根保証 伊藤進
41 債務引受 亀田浩一郎

<債権各論編>
42 事情変更 林幸司
43 予約 椿久美子
44 契約締結上の過失 後藤巻則
45 解約告知 三林宏
46 損害担保契約 滝沢昌彦
47 製作物供給契約 芦野訓和
48 準事務管理 長坂純
49 転用物訴権 中舎寛樹
50 受忍限度 伊藤進
51 差止請求 織田博子

-----------------------------------------------------------------
特徴
・上記51項目に関する解説が、数ページ毎になされている。
・図:有り
・横書き。
・各項目(1~51)は①概念 ②その役割 ③その必要性、有用性や疑問点 ④学習者にとって、学習上の注意 ⑤フォローアップ(関連する判例) 大体こんな構成になっている。
・硬くない表現。

-----------------------------------------------------------------
レビュー
・資格試験・答案構成に直接役立つかはわからないが、上記51項目のいずれかで躓いているなら、疑問箇所だけ一読しても良いのではないかと思う。各項目を個別に読んでも差し支えはない(1の項目を読まなくても、2で解説していることは理解できる ということ)。但し、民法を体系的にザーっと目を通していることが条件。
・条文にない箇所で民法学習者が疑問に思いそう所をピックアップし、わかりやすく解説した本。
・他に余り類を見ない本だと思う。
・偶然ではあったが、平成17年度の不動産鑑定士試験委員の先生も参加。
スポンサーサイト



  1. 2005/12/23(金) |
  2. 民法|
<<痛快!経済学 中谷巌 | ホーム | 要説不動産鑑定評価基準>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する